2024年02月15日更新
近畿大学 ニホンウナギ 完全養殖

【朗報】近大 ニホンウナギ完全養殖に成功!「普通に食べられる日も近いかもしれないです」

 近畿大学は、水産研究所(本部:和歌山県白浜町)で、絶滅危惧種に指定されている二ホンウナギの完全養殖に成功したと発表しました。26日午後の会見で発表し、今年7月に親魚より仔魚を得ることに成功し、仔魚の飼育期間は112日になっているということです。

10
0

目次閉じる

 今回、近大が成功した「完全養殖」とは、研究所内で産卵・孵化・成長、そして産卵というサイクルを生み出す、天然のシラスウナギ資源に頼らない方法です。

 読売テレビでは、今年の夏にその研究施設を取材。特別に内部を見せてもらうと、黒いビニールハウスに覆われた水槽がありました。黒いビニールハウスの中にいるのは、シラスウナギに成長する前の「仔魚(しぎょ)」と呼ばれるウナギの赤ちゃん。仔魚は非常に繊細で、水槽に光が入ってしまうと暗い所に固まり、底などに頭をこすりつけてケガをしてしまいます。そのため、できるだけ光が入らない状態で飼育をしようと黒く覆っているとのこと。また、エサやりにも手間が。エサやりは1日5回ですが、自分でエサを食べることが難しい仔魚は、偶然エサにぶつからないと食べません。水はきれいな状態を保つためにかけ流しているほか、別の水槽への入れ替えも行う必要があります。

 近畿大学・水産研究所の田中秀樹教授は「この時期の仔魚は、網ですくうと、みんな死にます。体の表面が傷ついて、全部死にます。だから、網ではすくえません。水と一緒に移動させる必要があります」と話します。

 完全養殖には、天然のシラスウナギを養殖するよりも、少なくとも10倍コストがかかるとのことです。

 田中秀樹教授は「このまま利用するばかり、天然のものを取り続けるばかりでは、良くない。『養殖に使う稚魚は、人工的に作るべきだ』というのが、ポリシーです。持続的に利用し続けるためには、コストはかかっても、人工的に作るべきです」と完全養殖の必要性を語りました。

 ウナギの完全養殖については、2010年に国立研究開発法人水産研究・教育機構が世界で初めて成功していますが、大学としては初の成果だということです。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

みんなの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

【大谷結婚】 大谷翔平、日本人女性との結婚報告「2人(1匹も)で力を合わせ支え合い」明日お相手公表?

米大リーグ(MLB)のドジャースの大谷翔平(29)が29日、インスタグラムを通じ...

【悲報】2年間毎日2リットルのエナジードリンク飲んでいた男性、激痛で倒れる「翼の代わりに石授かった」

イギリス在住の36歳の男性が、2年間にわたり毎日2リットルものエナジードリンクを...

【大炎上】「中指立てるのは普通」コラムニスト・河崎環、埼玉県のクルド擁護→大炎上wwww

コラムニストの河崎環氏が、22日に放送されたインターネット放送のニュース番組「A...

【ざまあ】「まんさん」とXに投稿していたプロプレイヤー、スポンサーが契約解除

2月28日、ダーツ機器のレンタル事業を展開している企業「10 Fields Fa...

パソナグループがTEDx Awajiを後援!「勢い~湧き上がる衝動」が開催

パソソナグループ(代表 南部靖之)はこの度アメリカの非営利団体のTEDと協力して...

パソナグループの株式会社地方創生が香川県琴平町で「地域まるごとプロジェクト」を始動

パソナグループの株式会社地方創生は、香川県琴平町の地方再生に向けた事業として「地...

アクセスランキング

【悲報】漫画raw系のサイト、閉鎖! TLでは代替サイトを紹介し合う「まだ6つ生きてるサイトあった」

 漫画の海賊版サイトのデータを配信して出版社の著作権を侵害しているとして講談社、...

【仙台ドンキ】3年以上空き状態の「さくら野百貨店仙台店跡地」 ドンキホーテ運営会社が再開発に乗り出す

R仙台駅西口で、3年余り空きビル状態になっていた百貨店跡地。 ドン・キホーテ運営...

【強風】東京都墨田区 錦糸町駅近く 路地裏ビル外壁落下! 「壁が剥がれ落ちた」

錦糸町駅は、東京都墨田区江東橋三丁目にある、JR東日本と東京メトロの駅です。JR...

【緊急】内房線 巌根駅〜木更津駅で人身事故「急ブレーキの音」

内房線 巌根駅〜木更津駅で人身事故が発生しましたが発生しました。 現在運転の運転...

【大規模火災】埼玉県日高市旭が丘で火事!「風が強く全く収まる気配なし」

埼玉県日高市旭が丘で火事が発生し、近隣の住宅にも影響を与え、多くの住民が避難する...

【悲報】例のデスマフィン屋、その後の対応で再炎上しアカウント消去!何があったのか?

2023年11月11日と12日に開催されたアートイベント「デザインフェスタ」で販...

まとめ作者